2015年07月07日

看護師はなぜ仕事を辞めたいと思うのか?

看護師の労働状況については、ずいぶん昔から何かと物議をかもしだしています。
たとえば、契約内容と異なった時間外労働を強いられてもそれに対する正当な賃金の支払いがない、また、仮に時間外労働の賃金の支払いがあったとしても、それが正当な金額とは異なっているなど。
日本全国の中でも比較的看護師の労働条件が安定しているといわれていた富山県でも、どうやらそのような事態が発生しているようです。
看護師などが運営している富山県医療労働連合組合によると、県内で病院などに勤務している看護師や保険し、助産婦などを対象にアンケートを行った結果、医療関係の仕事を辞めたいか否かという問いに対して、約75%の方が「ときどき思う」という回答を寄せているという結果が出ています。
このような結果を導き出した背景には、医療関連の仕事に従事している方の個人的な事情も含まれていると考えられますが、やはり前述のような勤務正体に対する不満がいちばん大きな問題になっているのではないかと考えられます。
また、富山県に限ったことではありませんが、妊娠している看護師に対する風当たりが強く、妊娠している看護師の30%以上が「流産しかけたことがある」と回答しています。
少子高齢化が進む中、大切な命を体内に宿している看護師に対して過酷な勤務を強いること、これは放置されるべき問題ではないはずです。
また、看護師ばかりではなく、現在では妊娠している女性に対する企業または個人からの”マタハラ”が社会問題化しつつありますね。
少子高齢化をストップさせるためには、看護師をはじめ、女性たちの働く環境の完全整備が今後の課題となっていくことは間違いなさそうです。
さらに、働く女性、そして妊娠していながら健気に働く女性対しては、家族の支援が必要であるということも忘れてはならない問題でしょう。
posted by toyamakaiwai at 19:55| 富山界隈看護師などなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

転職応援・支援サイトを上手に活用しましょう

近年、ブラック企業が問題となっていますね。
ブラック企業とは、不当な残業を強制されたり、正しい労働対価が支払われなかったりすることのほかに、職場内でのイジメなどが酷い状態であるのにも関わらず、それが改善されることのない企業を指します。
ブラック企業は一般企業に対して囁かれている問題として有名になりましたが、ブラックとまで行かなくても、限りなくブラックに近いグレーな企業はいくらでも存在しており、それは一般企業だけではなく、看護師さんの職場である医療期間であっても同様です。
日本国内には、ブラック企業とともにブラック病院と呼ばれる病院がいくつも存在しているといわれているようですが、特に富山県では、ブラックまたはグレー病院が高いか確率で存在しているようです。
たとえば、保育園に子供を預けていて、定時にはお迎えに行く必要があるのに、急な残業を強いられた。
子供が熱を出したのに、欠勤が認められない。
と、このような具合に、ママ看護師さんにとっては特に厳しい状況となっているようです。
では、そのようなときにはどうすればよいのでしょうか。
まず、ブラック病院を退職することを前提に、複数の看護師転職応援サイトに登録しておきます。このようなサイトでは、雇用形態や供与などを正確に明記することが必須条件となっているため、万が一募集内容と異なったブラック病院に当たってしまった場合であっても、それをいち早く見破ることが可能です。
だれにも相談できずに悩んでいるのであれば、今すぐに看護師転職応援サイトに登録し、ホワイト病院を探し出しておきませんか?
すぐに行うことができないのが転職ですので、早めに策を講じておくことがなによりも大切ですよ。
posted by toyamakaiwai at 01:54| 富山界隈看護師などなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

狭い地域で就職先・転職先を探し出すための基準とは?

富山県で看護師のお仕事をお探しの方へ。
あなたは、看護師の全国平均年収をご存じですか?
ある調査によれば、平成25年度では472万円、富山県では456万円となっており、全国平均より若干下回ってはいるものの、北陸地方に於いては、ほぼ平均的な年収となっています。
また、富山県は大学病院や総合病院などの大規模な医療機関よりも、老人介護施設、介護施設、療養施設などが多いという特徴を持っています。
ここで、注目して頂きたいことがあります。
このような医療施設では時間外労働が多く、ご自身のライフスタイルに合わせた労働時間を選択できる可能性が狭まります。そのような理由から、富山県では大規模な病院への就職や転職を希望する看護師が多く、そのためそのような医療機関は狭き門となっています。
さらに、富山県ではベテランの看護師を再雇用する傾向が強いため、準看護師から正看護師への道を歩もうとするキャリアの浅い看護師にとっては、少々不利な状況であることも否めません。
ですが、そのような状況下であっても、ご自身の希望する条件にマッチングした医療機関への就職や転職に成功している看護師も数多く存在しています。
ご自身の希望にマッチングした医療期間を見つけ出すには、まず“ブラック”な病院を就職・転職リストを外すこと。
ブラックな病院の特徴には、給料が異常に高額である、常に求人募集が絶えることがない、患者や看護師の口コミ評判が悪いという点が挙げられます。
もちろん、これはすべての医療期間に当てはまるというものではありませんが、富山県限定というように狭い地域で勤務先を探したいのであれば、このような事柄も参考程度に頭の中へ入れておくとよいでしょう。
posted by toyamakaiwai at 21:10| 富山界隈看護師などなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月11日

看護師が選ぶ、病院の条件とは?

日本全国、慢性的な看護師不足の状況は依然として続いているようです。
現在、看護師の就職や転職を取り扱う専門のサイトが数多く存在していますが、各怒涛府県により、求人状態にはバラツキがあり、特に歩区立地法に於いては、さらに深刻な看護師不足の状態が慢性化しているようです。
ある転職サイトで富山県の看護師求人情報を調べてみると、正・準看護師でフルタイムの求人情報が多いのに対して、高い人気を誇っているのは週30時間以内のパートなど、パートやアルバイトの看護師募集となっています。
次いで人気があるのは、再就職組に対応した求人情報です。
ところが、次のような声も挙がっています。
それでは、20代、準看護師さんのお話を伺ってみることにしましょう。

「私はゆくゆく、国立病院へ勤務したいと考えています。ところが、国立病院へ勤務するためには、それなりのキャリアが必要なようで、私のような新米準看護師にとっては、国立病院への勤務は夢のまた夢。キャリアアップするために、現在は正看護師の資格取得の勉強に励んでいます」

ということは・・・。
高待遇な国立病院などへの勤務を目指している看護師さんが多いのではないか考えることができ、とりあえずはパートやアルバイトなどでの勤務を希望する方が多いのではないか? と、推測することができます。
再就職を希望する場合であっても、おそらくこれは同様でしょう。
過酷なまでの勤務を強いられることも少なくないという病院勤務、とりわけ、国立の救急病院となると、その過酷さにはさらに輪がかかることでしょう。
それにも関わらず、国立病院への勤務を希望する看護師さんが多いという事実。
求人募集を行ってもなかなか看護師さんが集まらない、あるいは定着率が悪いという病院では、給与面や福利厚生面で再考してみることも必要なのではないでしょうか。
posted by toyamakaiwai at 00:11| 富山界隈看護師などなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする